Home » SosekiTaizen by Natsume Sōseki
SosekiTaizen Natsume Sōseki

SosekiTaizen

Natsume Sōseki

Published November 24th 2013
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

(夏目漱石について)夏目漱石は、森鴎外とともに日本の近代文学を代表する偉大な存在です。作品はよく考え抜かれ、文章は丁寧に書き込まれ、何度読んでも飽きることがありません。それどころか読むたびに発見があり、ますます味わいが深くなります。漱石を読むことで、間違いなく私たちの人生は豊かなものになります。夏目漱石は一八六七年、江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)に生まれました。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学びます。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、More(夏目漱石について) 夏目漱石は、森鴎外とともに日本の近代文学を代表する偉大な存在です。作品はよく考え抜かれ、文章は丁寧に書き込まれ、何度読んでも飽きることがありません。それどころか読むたびに発見があり、ますます味わいが深くなります。漱石を読むことで、間違いなく私たちの人生は豊かなものになります。 夏目漱石は一八六七年、江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)に生まれました。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学びます。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学します。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書きます。 その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれました。いわゆる「修善寺の大患」後は、「行人」「こゝろ」「硝子戸の中」などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれています。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」